講師紹介




講師全員、陶芸大好き仲間です!!





大沢京子
    
 北は北海道、南は九州、そして海外の展覧会と現在活躍! 作陶や個展のかたわら
 陶芸の指導に携わり、いつのまにか早、40年!
 創作の陶房が 鷺山陶房の敷地内にあり、作品がいっぱい並んでいます。  
                        日本クラフトデザイン協会・埼玉県美術家協会会員


小野田愛子
 
 造形芸術の道から陶芸へ入った為か、とてもダイナミックで想像力溢れた作品を作り出す
 か・・・と思えば、キレの良い急須や醤油差しなども得意。
 いつも明るく力持ち!とてもフレンドリーな人気者です。
 

亀山みのり
    
 陶芸の魅力に惹かれ、せっかく入った美大を中退・・・しかし、その後、京都府立
 陶工高等技術専門校で陶芸を集中的に学びました。窯場、陶芸教室と色々な場を
 経験しながら、作陶・絵付け・彩色と、日々進化し続けています。

久保満子
 
 陶芸の講師になるのが‘夢’でした。と言って放つ‘ツワモノ’が今、天職を得ました。自らの
 作品は展覧会に出品、受賞・・・挑戦が続きます。‘陶芸の楽しさを皆さんに伝えたい!’と、
 いつも笑顔の優しい講師です。           埼玉県美術家協会会員・所沢市美術連盟会員
 
 

黒瀬真実
 
 
 美大で陶芸を学び卒業後、造形教室の講師を経て当教室で待ちに待たれた講師になりました。
 いつも持ち前のVトビキリの笑顔’でしっかり指導!
 陶芸以外でも、お菓子作りは相当に本格的です。
 

山崎葉子
    
 若かりし頃より、その表現は洋画・立体・デザイン・色彩学と多岐に渡り、永年自宅で
 ”子供のアトリエ”という楽しい造形教室をひらいていました。
 そのバイタリティーと繊細さは どうぞ作品から感じてください!